人気ブログランキング |

天河のブログ,スピリチュアル鑑定日記


天河の霊視占い鑑定日記です。
by natenga
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
"RO 暁に挑戦 par..
by マツナガ ヒロシ at 06:20
オナ見だけの予定だったけ..
by 虎とら at 15:45
天河先生の鑑定
中村天河鑑定日記
私のホームページ
(中村天河の占いの城)
http://www.inf.sakura.ne.jp/main/

電話鑑定は
エキサイト
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
占い師募集中
from 占いの部屋 アクアリー
初めて顔射してきたw
from マゾヒスト中川
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


一般人が仏壇で般若心経を唱えるとこうなる

 少し前に、実家の母親の元に、知人の女性が何年かぶりに訪れて、仏壇があり、そこには亡き父の遺影があったので、拝んで帰ることになったのですが。
 なんとそこでその女性が般若心経を覚えていたこともあって、善意の意味で般若心経を唱えて帰って行ったのですが。
 そうしたら、その夜になってびっくり、その仏壇の周りには見知らぬ霊がたくさん集まっていたというのです。母も那須与一の子孫でスピリチュアルなのです。そういうのは敏感にわかります。パニックになってしまったのです。大騒ぎになりました。
 前の日記で書いたように、般若心経は霊を呼ぶ効果があります。それは良い霊=神様も呼ぶのですが、悪い霊も同時に呼んでしまいます。お坊さんのように修行をし徳を積んだ方なら、そういう悪い霊が来ても説き伏せて成仏させてあげることができますが。
 一般人の除霊方法を知らない方ならひどいめにあいます。
私も、以前はそういうことを知らないで、般若心経を暗記するために何度も般若心経を唱えたことがあったのですが。その夜は必ずといってよいほど、金縛りの悪夢を見たのです。スピリチュアルな方ならそういうことが肌で感じますが。スピリチュアルではない方の場合は、悪霊を感じなくても、悪霊のせいで運が落ちトラブルがおきたりしやすくなります。皆さんもご注意くださいね。

<a href="http://ranking.with2.net/link.cgi?21980" target="_blank">おすすめ占いならここ</a>

<div>
<a href="http://www.excite.co.jp/uranai/prof_disp?ansk=104050" target=_new><img src="http://image.excite.co.jp/jp/uranai/ubanner_t1_150x40.gif" width=150 height=40 border=0 alt="人気占い師ならエキサイト" title="人気占い師ならエキサイト"></a><br><div align=center style="width:150px;" ><a href="http://www.excite.co.jp/uranai/" style="font-size:small;" target=_new>エキサイト電話占い</a></div>



by natenga | 2013-11-28 21:16 | 超常現象

坂本龍馬のおりょう、さなに対する「相手の気持ちリーディング」

幕末の英雄、坂本龍馬のおりょう(お龍)、さなに対する「相手の気持ちリーディング」してみました

 坂本龍馬はとてももてる男性で、美貌で知られるさな(千葉周作の姪)と一時は結納のようなことになったものの、でも寸前で解消。それで、結局は楢崎龍(お龍)と結婚。さな、お龍共に美人で性格的に似ている、すなわち気が強く堅いしっかりしているのに。なぜ、龍馬は、さなではなくお龍を選んだのか?「相手の気持ちリーディング」してみました。

<龍馬のさなに対する気持ち>
 さなは確かに美人で気立ても良い何も悪いところがない完璧な女性。それで、わしも最初はとても惹かれたんじゃ。でもその完璧すぎるところが面白うないんじゃ。息が詰まるんじゃ。わしとしては抜けていたり欠点がある女性を自分が支えたいんじゃ。ところがさなは完璧すぎて自分が隙入る余地がない、さなは自分に気に入られようと料理を習いなど優秀なとこを見せようとしていたようじゃが、それが重たくて逆に恋心が冷めることに繋がったんじゃ。そんな努力は要らないから素直に甘えてくれたらよかったのに。自分の本心を隠して辛抱するところも好かんかったんじゃ。

<龍馬のお龍に対する気持ち>
 お龍は、気が強いし堅いし開放的ではないし、お節介するし、本当はわしはそんな女は好かんはずなのじゃが。でも、なぜかお龍にだけは不思議に惹かれるんじゃ。お龍がわしに尽くしてくれるのはなぜかいつも丁度良い具合なんじゃ。もともとお節介する女性はわしは好かんのじゃが、お龍だけはなぜか丁度わしが求めるお節介をしてくれる、気が利くんじゃ。わしは本来は甘えるより甘えられるのが好きなのじゃけんど、でも、お龍にだけはわしが甘えられる。お龍に触れるたびにお龍のことを気に入ってとうとう虜になってしまったんじゃけ。

<解説>
 龍馬はもともと、女性の好みとして、抜けているだらしない女性が好みです。そういう女性をお節介するのが好きなのです。逆に自分が女性に尽くされたりお節介されるのが嫌いなのです。その性格だけからすると、彼はお龍も、さなも、好みの性格ではなかったのです。
 でも、結局は、龍馬とお龍はぞっこん同士、龍馬とさなの関係では、さなは龍馬にぞっこんですが龍馬はそうではなかった。この違いは実は「カルマ的に不思議に魅力」を感じているかどうかに係ります。すなわち、龍馬とお龍はお互いに「カルマ的に不思議に魅力」を感じあっていたのです、そのため、あばたもえくぼで、性格が好みでなくてもぞっこんになったのです。さなは龍馬に「カルマ的に不思議に魅力」を感じていましたが、龍馬はそれを感じていなかったのです。
 なお、さなは龍馬に捨てられた後もずうっと龍馬ことを思い続け、美人でありながら生涯独身を貫いたのです。哀れです。なお、龍馬はさなのことは嫌いではなくさながもうちょっと龍馬に気に入られるような改善すればそのまま婚約、結婚になることはできたのですが。
 よく、自分は10歳も年上とか、ドジでのろまで美人じゃないのに何で私と付き合ってくれているの?遊ばれているのでは?と不安にかられて、自分からあきらめたり、あるいはさなと同様に彼に気に入られようと余計なお節介をしてしまって逆に嫌われてしまう場合が結構あります。そうなっては元も子もないので、不安になったら鑑定依頼されてみてくださいね。 よく、自分は10歳も年上とか、ドジでのろまで美人じゃないのに何で私と付き合ってくれているの?遊ばれているのでは?と不安にかられて、自分からあきらめたり、あるいはさなと同様に彼に気に入られようと余計なお節介をしてしまって逆に嫌われてしまう場合が結構あります。そうなっては元も子もないので、不安になったら鑑定依頼されてみてくださいね。龍馬のようにドジな人間を好む男性は結構いるのです。


おすすめ占いならここ


by natenga | 2013-11-25 23:21 | 占い

相思相愛なのにあるときだけ意固地になって破綻になるというのは

 相思相愛なのにあるときだけ意固地になって破綻になるというのは、妨害星に負けて、別れを決断してしまうということがよくあります。
以下は本当におこった事例です。

 ある夫婦のケースです。
 夫がプリンを風呂あがりに食べようとして冷蔵庫に入れて、そのまま風呂場へ。
風呂からでて、プリンを食べようとしたらプリンが無い。
奥さんが食べてしまったのですね。
 普通の感覚なら、そこで素直に「ごめんなさい」と言えば済む話が、夫が、強く怒ったために逆切れして、「何よ、プリン1個くらいで、ガタガタ言わないでよ。」と言い返したものだから、騒ぎがエスカレート。ご主人も言い返す。
そのときに二人にはなぜか、そのときに不思議なささやきが聞こえてきたのです。「ここで折れては男がすたるじゃないの。譲歩しちゃダメ、離婚になってもいいじゃない。貫きましょう」とか、
「ここで折れてはダメよ。プリン1個ぐらいでごたごたいう旦那が絶対に悪いのよ。あんなケツのあなの小さい男なら別れたって構わないわよ」というささやきが二人にささやかれて、それで両者一歩も引かなかったのです。
結局、旦那がその場で家を出て行って、別居がはじまり、結局は離婚に至ってしまいました。
 プリン1個といえばせいぜい100円の話。ところが離婚した事で、購入した家を売却しなければならない羽目になって、結局は億単位の損失を蒙ってしまいました。お子さんもいたので、離婚によりお子さんまで迷惑をかける羽目に。
 その旦那さんは今になって言います。「あとで考えれば、たったプリン1個のことなので、譲歩できるものですが、なぜかあのときにはへんなささやきが聞こえてきて、不思議に譲歩できなかったのです」
 このささやきこそ、妨害星のしわざです。妨害星はいつも張り付いていて、ここはというときに、不思議に意地にさせたり、こだわりをもたせたりするのです。

 また、それ以外にも、
たとえば妨害現象として以下のようなのがあります。(1)連絡が不思議に取れなくなる(2)ぎりぎりの予定を立てると必ず裏目に出る、ドタキャンなどがおこりやすい。(3)言動がおかしくなる、変な意地を張ってしまう、a,なぜか相手の嫌がるような言動をしてしまう。ついついきつい言葉が出たり、相手を傷つける言動をしてしまうのです。b,また、相手が一番気にしていることを、何の悪気はないもののなぜか偶然に言ってしまう。(4)誤解を受けやすい状況が設定される(5)悪事がすぐ露見するなどです。

 恋愛ではじめはうまくいくのに、いつも同じようなパターンで破綻を繰り返している方は妨害星のせいかもしれません。一度鑑定依頼されてみてくださいね。



おすすめ占いならここ


by natenga | 2013-11-09 22:54 | 占い