天河のブログ,スピリチュアル鑑定日記


天河の霊視占い鑑定日記です。
by natenga
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
"RO 暁に挑戦 par..
by マツナガ ヒロシ at 06:20
オナ見だけの予定だったけ..
by 虎とら at 15:45
天河先生の鑑定
中村天河鑑定日記
私のホームページ
(中村天河の占いの城)
http://www.inf.sakura.ne.jp/main/

電話鑑定は
エキサイト
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2015年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
占い師募集中
from 占いの部屋 アクアリー
初めて顔射してきたw
from マゾヒスト中川
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


妨害霊による妨害現象「急に彼と連絡がとれなくなったんだけどどうなっているの?」

よく、「急に彼と連絡がとれなくなったんだけどどうなっているの?」、というご依頼がありますが。その場合は、妨害星(妨害霊)による妨害現象であることが多いようです。
そのとき、どういうことがおこっているのかを、私の実体験をもとに説明します。

(1)もうかなり前の話です、(そのころは携帯電話の無い時代です。)
あるとき彼女に電話しようとしたら、彼女がちょっとトイレに行ったり、お風呂に入っていたりして、なかなか通じないのです。
そこで、今度は折り返しで、彼女が自分に電話をかけると、今度は自分が用事で離れているときに限って電話がかかってくるので、なかなかとれない。
結局、そういうちぐはぐが1日数回、しかも、それが1週間ほど続いたのです。すなわち、1週間一度も電話が通じないのです。そんな偶然があるはずがない、と誰もが思うはず。「きっとこれは故意に居留守をされているのではないか。本当は他に女性ができたのではないか。」と誤解するのは普通かもしれません。でも、それこそ、妨害霊が見ていて、彼女が席を離れるころに、電話をかけるように仕向けたりしたのです。
結局、それは、不審に思った彼女が、自分は振られたのではと憤慨されて、彼女は本当に居留守を使うようになったのです。すなわち、自分が彼女の家に電話をかけても今度はお母さんが出てきて、「娘はいません。」としか対応しなくなってしまったのです。そのまま破局になってしまいました。

(2)これもかなり前の話しです。当時は携帯電話はありません。
私があるとき、病気をしてしまいました。しかも、急病で入院。それで、彼女に連絡がつかないままの状態に。それで、病院から電話をかけても、その電話をかけたときに限って、彼女が留守。
それで、退院したら、連絡しようと思って、退院したら、今度はまた別の病気に。
今度は足の関節炎でまた入院、結局、そのころはいろんな病気が重なって、6ヶ月間入退院を繰り返しました。結局、6ヶ月間、彼女とは一切連絡できなくなりました。結局破局に至りました。

※なお、最近は携帯電話がありますが、今度は妨害霊は霊なので電気的現象を起こすのは得意なのです(前の日記で記載済)。そのため、電話をかけても、かけたときに限ってなぜか電波が悪く電話が通じないという現象が多発しています。決して、彼が故意に電源を切っているわけではないのですよ。ご注意くださいね。




なお、この妨害霊鑑定で、数ヶ月連絡取れないカップルでも、持ちこたえて、私のような破局に至らずに、何とか乗り越えて、それで連絡がとれるようになり、その後順調に進むカップルが増えています。なかには、結婚まで進んだカップルもでているようです。感謝状もいただきました。ありがとうございます(^_^)
嬉しい限りです。皆様の幸福をお祈りしております。





電話鑑定、メール鑑定、お客様の声はエキサイト電話占い
[PR]

by natenga | 2009-06-09 11:47 | 占い

草彅 剛さんは霊媒体質

 先ごろ、草彅 剛さんが事件を起こしましたが、彼は霊媒体質で霊にとりつかれやすく、無策では、今後もこういうことをおこすおそれがあるようです。
しかも、それは彼が仕事でこれから、というときなどにおきるでしょう。

 普段は良い人なんだけど、あるとき、豹変することがあるかたがいらっしゃいますが、それがそうです。

 占い師さんは、霊媒体質の方が多く、だからこそ、霊感があり占いが当たるのです。また俳優さんなども霊媒体質だからこそ自己の魂から解き放たれるところができ、その配役の魂がとりついて、迫真の演技ができるのです。
 でも、そういう方はときに、豹変します。
たとえば、普段はやさしく、丁寧な言葉で話す方が、あるとき「馬鹿やロー」と怒鳴り込んでくることがあります。そのときは、とりつかれているので、本人では制御不能なのです。暴言や異常行動を起こすのです。

 とある有名な占い師さんが、普段は優しくお客様とぶつかることはないのに、あるとき、ちょっとしたことでお客様と揉めて、お互い一歩も譲らず、大喧嘩になり、とうとうお客様を警察まで無理やり連れて行ったということがありました。

 そういう状態のことをよく、「きつねつき」と言われますが、時間が経過し、正気に戻れば普段は温和なのです、



 霊媒体質の方は普通の占い師さんがアドバイスをしても、なかなか効かないのです。
 たとえば、ある女性がいて、好きなのに彼になぜか別れを言ってしまったようです。それで、ある占い師さんに相談して、今後はそういうことを言わないようにと釘を刺されたのにもかかわらず、「先生、また言っちゃいました。」と、何度もくるのだそうです。

 その場合は、霊媒体質の方に沿ったアドバイスをする必要があるようです。
私の鑑定では、霊媒体質の方に沿ったアドバイスをいたしますので、お気軽にご利用くださいませ。



電話鑑定、メール鑑定、お客様の声はエキサイト電話占い
[PR]

by natenga | 2009-06-07 11:59 | 芸能人